スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五回:剣か鈍器か

第五回書くって言ってから何日経ってるんだ?フザケンナヨ! (キ▼_▼)(キ▼_▼)(T-T)(▼_▼メ)(▼_▼メ) コノヤロォー!!と言われそうですが、第五回です。


普通にやってれば剣と鈍器のどちらかに使用する武器を限定するわけなんですが、悩みません?(悩まず剣だろ、とか言われたら書く意味もなくなるので^^;)


剣と鈍器の特徴はざっとこんなもんです


*剣

ダメージの安定感があるが、最大攻撃力は鈍器に劣る。

突きのリーチが鈍器より長い。

強化にかかる費用が鈍器の軽く数十倍。


*鈍器

最大攻撃力は剣より上、ダメージの安定感はまったくない。

突きのリーチが剣より短い。

強化にかかる費用はメイプル中1.2を争うほど安い。


まず、ダメージの安定感と最大攻撃力が鈍器>剣について、何でこうなっちゃうのかと言うと


剣の最低:(STR x 4.6 x 0.9 x 熟練度 + DEX) x 攻撃力 / 100

剣の最大:(STR x 4.6 + DEX) x 攻撃力 / 100

剣で最大10000ダメージを出せるなら最低5400になりますね。


鈍器の最低:(STR x 3.4 x 0.9 x 熟練度 + DEX) x 攻撃力 / 100

鈍器の最大:(STR x 4.8 + DEX) x 攻撃力 / 100

計算してみると最低は最大の1/4程度とか(苦笑


メイプルでは一発一発のダメージより平均のダメージのほうを考えるほうがいいです。


何故かと言うと例えば1分に50回攻撃できるとすると、1時間で3000回攻撃できますね。


となると、平均のダメージ x 3000 をすれば平均のダメージが大きいほうが1時間に与えれるダメージも大きくなりますね。


もっともオーバーキル状態とかは考えていないのでこれだけでどうこう言うのも少々間違いなんですが


剣に比べると鈍器はやや苦しいです。それにダメージが安定しないと敵をあと何発で倒せるかも分かりにくい。


それに両手鈍器は3次以降使うものに攻撃速度が普通なのはレベル80のものしかないのに、剣は100の殲滅刀以外すべて普通。


パラディンになるとブレストと言うスキルを使い始めるんですが、これがまた突きモーション固定、一発のダメージが大きすぎる、という点で鈍器のデメリットが更に目立つことに。鈍器パラディンの筆者涙目です。


ただ、オンラインゲームである以上、人口比があって、剣が鈍器に比べて圧倒的に多いのと、剣はナイト系列の職も使うだけあって、強化書は鈍器の軽く10倍、剣も一部がかなり高額です。


というわけで、鈍器は剣に比べて圧倒的に強化できる回数が多いので、それだけ強力な武器を作るチャンスが多いわけです。


剣と鈍器どちらを選ぶか決まりましたか?


(以下余談)

続きを読む »

スポンサーサイト

第四回:クルセイダー

はい、お疲れ様でした。(o^∇^o)ノ


ここまでやってこれたキャラクターなら3次転職なんて楽勝ですね。


3次まではほぼ1本道でしたが、3次からは個人の考え方とか状況でスキル振りは個人差が出ます。


黒字を重視したい、効率を重視したい、仲間と狩りたい、とかね。


ここではスキルの軽い特徴を述べていくので、自分でスキル振りを決めていってください。


*基本事項

クルセイダーの攻撃力は以下の通りです

パワーストライク:260% x チャージ固有の倍率 x 150%(弱点補正)

スラッシュブラスト:130% x チャージ固有の倍率 x 150%(弱点補正)

EXアタック:250% x チャージ固有の倍率 x 150%(弱点補正)

*スラッシュブラストのEXアタックの場合は範囲内の敵にダメージが分散されるので、多数巻き込むにつれてダメージが低くなります。(キャラに近い敵ほどダメージが高く、遠いと2桁ダメージなんてことも)

チャージ固有の倍率はチャージの設定されている攻撃力、弱点補正は弱点をついたときのボーナス補正で、チャージのスキルレベルと供に上昇し、最終的に150%になります。

つまり、チャージのレベルがある程度高くなるまではそこまで強くないと言うことになります。


firecharge.jpg ファイアチャージ

武器に炎属性を付加。レベル30で攻撃力120%。

手下D、河童、ブレイブパイレーツ、フリーズケンタウロスが主な炎属性弱点の敵になります。(他は調べてね)

ボスではワルメンボウが炎属性弱点です。


icecharge.jpg アイスチャージ

武器に氷属性を付加。レベル30で攻撃力105%。氷属性に耐性のない敵は凍結状態になり、一切行動できなくなります。

手下D、バーンケンタウロス、ファイアブル、レッドワイバーンが主な氷属性弱点の敵です。


thundercharge.jpg サンダーチャージ

武器に雷属性を付加。レベル30で攻撃力125%。クルセイダーの間、ダメージ面では最強のチャージになります。

バイキング、マジェスティックバイキングが主な雷属性弱点の敵です。

ボスでは親分、姉御、武者甲冑が雷属性弱点です。


relax.jpg リラックス

10秒ごとに回復するMPの量を増加させます。レベル20で10秒ごとに33回復するようになりますです。

一見微妙なスキルに見えますが、クルセイダーが攻撃に消費するMPが少ないため、MP回復アイテムの消費量がかなり(言いすぎかな)減ります。


shielmastery.jpg シールドマスタリー

盾を装備したときに盾の防御力を倍加するスキル。メイプルでは防御力の意味が薄く、更に魔法防御まで上昇させない、両手武器のほうが基本的に強い、と言う理由で無視されがちなスキル。


magiccrush.jpg マジッククラッシュ

敵の魔法防御アップを解除するスキル。クルセイダーの攻撃は物理攻撃なので解除しても意味がなく、また、一部の敵の使う完全無効化は解除できないので、完全なネタスキルです。


chargeblow.jpg チャージブロー

レベル30で攻撃力250%の6体攻撃で、90%の確率で敵を気絶させるスキル。敵は気絶すると解除されるまで一切行動できません。

ただ、これを使うとチャージが強制解除されるので、使い勝手が悪く、使いどころを見極める必要があります。

4次のアドバンスドチャージの前提スキルなので、必ず30にしてください。


凍結、気絶はメイプルでキャラクター側の使える状態異常(他に鈍足、封印、暗黒、麻痺など)でもっとも強力なものです。


凍結はアイスチャージの状態で攻撃すれば100%なりますし、追撃するとまたかけ直されるので、攻撃し続けている間はずっと凍結します。


クルセイダーが黒字職といわれる最大の理由ですね、だって、凍結してたら敵から反撃されませんもん。


他職が赤字だ赤字だとあえいでいても、氷属性に耐性のない敵ならクルセイダーはほぼ黒字です。


戦士だけあって攻撃力自体も高めですから、攻守のバランスのよさは最大のアドバンテージですね。


ただ、複数への攻撃がお粗末です、スラッシュブラストのEXアタックのダメージは低く、チャージブローは連発できない。


あと、PTにかけるスキルもありません。


でも、その分はたくさん狩って経験値でPTを助ければいいんです、クルセイダーは強いだけでPTに貢献できる職です。


さて、スキル振りの形はできましたか?


第三回:ページ

2次転職すると、拳のおっさんから不思議な力をもらってクルセイダーを目指す人はページに転職するわけですが。


ここからは扱う武器がひとつに限定されます。(一応両刀はできますけど、中途半端になるのでやめましょう)


まずはプログレスを上げていくことになります、剣使いになるなら剣の、鈍器使いなら鈍器のものに振りましょう。


両手剣の場合

最低攻撃力 (STR x 4.6 x 0.9 x 熟練度 + DEX) x 攻撃力 / 100

最大攻撃力 (STR x 4.6 + DEX) x 攻撃力 / 100


プログレスが0なら熟練度は10%、20なら60%になります。


要はプログレスを上げると最低攻撃力が上昇するので、平均ダメージも上がるということです。


また、プログレスにはスキルレベルに応じて命中率を上昇させる効果があります。


ですから、最優先でマスターレベルにするべきスキルです。


でも途中でブースターにちょっと振ってもいいかもです、この辺はお好みで。


プログレス20、ブースターにちょっと振ったらEXアタックに振るんですが、半端に振ると邪魔になるのである程度SPをためてから振るのが吉。


クルセイダーの間もパワーストライクとスラッシュブラストが攻撃手段になるので、EXアタックは必須スキルとなります。


EXアタックをマスターレベルにしたら、次はブースターとパワーガードをマスターレベルに。


どっちを先にしても差はないと思います。


プログレス、ブースター、EXアタック、パワーガードをマスターレベルにするとSPが21残るのでお好みでプレッシャーや1次スキルへ。


2次半ばくらいから高額で売れる報酬がもらえるクエストができるので、クエスト品を集めながら狩場を転々としていくとか。


オルビスやエルナス地方主体で狩りをしてETCを他のプレイヤーに売りさばくとか。(通称チャリクエ品)


何も提灯やカカシみたいな四六時中空いてないような狩場に拘らなくてもレベルは上がりますよ。


2次の間に資金をたっぷり蓄えて、強化品を買っておくのがベターでございます。


第ニ回:ファイター

レベル10になれば、ファイターへと転職し、晴れて私たち戦士の仲間入りを果たすと思います。


ここからレベルアップするとスキルポイント(通称SP)が3つもらえ、スキルを熟練させて強くなっていくわけです。


パワーストライクやスラッシュブラストと言った攻撃スキルに振るのはちょっと我慢して

まずはリカバリーに5ポイント振って、バイタライズと言うスキルをマスターレベルにしてください。


バイタライズにはレベルアップのときに増えるHPを増加させる効果があるので、早期にマスターレベルにすると必然的にHPが高くなるからです。


それにそもそも、セカンド育成の人はともかくはじめての方はMP回復アイテムを買うお金もないかと思われるので通常攻撃で狩りをすることになるからです。


さて、狩りですが、まずは敵を選びましょう。


あんまり強い敵を選ぶより、弱い敵・・・まあ、通常攻撃で1発2発で倒せる程度の敵を選びましょう。


強い敵を狩ると、倒すまでにそれだけ回復アイテムを使い、それだけ所持金が減っていき、果ては


「薬ください、お願いします。」


と上級者に物乞い(いわゆるクレクレ、迷惑行為になります)するハメに陥ります。


見苦しい、ウザいと思われるのでやめましょう。(大手サイトが勧めてる、てのはどうなんだ ┐(´ー`)┌)


きっちり敵を選べばそんなことする必要もありません。


それに、このゲームでは、弱い敵をたくさん狩るほうが効率的です。(限界が必ず来るので臨機応変に)


それと、ETCやお金は全部拾いましょう、ETCは店で売ればお金になりますし、クエストに使ってお金をためることもできます。


序盤なんてこんなもんです。


メルに余裕があれば強い装備を買って強くなれば、強かった敵がさくさく狩れるようになっていきます。


時間はかかりますけど、がんばってレベル30を目指してください。


バイタライズ、パワーストライク、スラッシュブラストをマスターレベル、レベル30までに残ったSPは好きなスキルに。


ちなみに、パワーストライクもスラッシュブラストもパラディンになるまでの間使うので重要なスキルです。


レベル30になると2次転職ができるようになるので、クルセイダー、パラディンを目指す方はページに転職してください。


第2回はこれで終りです。



*深いお話


例えばHPが500で経験値が50の敵とHPが200で経験値が15の敵がいるとしますよ。


前者は4発、後者は1発で倒せると仮定すると


同じ4回武器を振る間に前者は経験値50、後者は経験値60を得ているわけです。


逆に前者は3発、後者は1発と仮定すると


前者は経験値50、後者は経験値45、逆転しましたね。


ただ、敵から受けるダメージも考えると経験値がいいからといって前者ばっかり狩ってると赤字に陥ることもあるので、そういったことを考えながら狩場を選んでもらえればいいと思います。


あと、敵が自分よりレベルが高いと敵に設定されている命中率が増えるようになっているので


自分より強い敵は狩らないほうがいいわけです。


第一回:戦士の基本

私は軽く1年以上はクルセイダー、パラディンを愛し育ててきた(萎えて他職をやってた期間もありますけど)もので、その苦楽から蓄積してきた知識を元に育成支援なんてことを(無謀にも)思い立ったわけです。


ただ、私は「ああするべきだ。」「こうするべきだ。」なんて言う気はございません。


何にしても言えることですが一を聞いて一こなすのと、一から十を知ろうとするのとでは後者のほうが断然いいわけです。


それに大手サイトと同じことをこんなこじんまりとしたブログで書いても意味もないですからね。


さて、第一回はまずクルセイダー、パラディンとは何なのか


メイプルの職は大別して4つの職に分かれ、その中で戦士に当たります。


そして戦士も更に3つに分かれ、その中でページ系列の3次職がクルセイダー、最上級職がパラディンとなりますです。


剣または鈍器(ここら辺の説明は後ほど)の扱いに長け、武器に属性を追加して攻撃する他のRPGで言えば魔法剣士的な存在です。


キャラクターはレベルアップするとアビリティポイント(以下AP)を5ポイントもらえ、それをステータスに割り振っていくことで強くなっていくわけですが、ステータスにも4種類あります。


中でもINT、LUKは戦士には不要ですので振る必要はありません。


と言うのも戦士の攻撃力は下の計算式で算出されるからです。


(STR x 武器固有の倍率 + DEX) x 攻撃力 / 100


INTもLUKも関係なく、STRとDEXで算出されてますね。


それとSTRが高ければ高いほど強いことも理解してもらえると思います。


しかし、STRにばっかり振るわけにもいきません、何故か


戦士には命中率があるからです。


呼んで字のごとく、命中率がないと序盤はともかく後半になれば攻撃してもミスが出ます。


DEX x 0.8 + LUK x 0.5


命中率は上の式で算出され、モンスターに設定されている命中率に達していないとミスが出ます。


と言うわけで命中率を確保するためにある程度DEXに振ることになるわけでございますです。


戦士の基本を紹介したところで第1回は終了です。


まとめ


1.戦士はSTRに振れば振るほど強くなる。


2.でも、命中率を確保するためにDEXにも振らなければいけない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。